うつ病治療をいかにして行うか周囲との関係性や病院を上手に活用

サポートを受ける

うつノートをつけよう

考える女性

現在、うつ病は特別な病気と思われることが少なくなりました。誰でもうつ病になる可能性はあると認識されています。うつ病の治療のために病院へ行くことをためらう人も減りました。早期に治療するのがいいと分かっているからです。 病院へ行けば、当然うつ病の治療をしてもらえるわけですが、病院だけに頼っていてはいけません。私生活にも色々注意することが大事です。バランスの良い食事を摂る、軽い運動をすると言うのも大事ですが、最近はうつノートをつける人が増えています。 毎日自分の状態をノートにつけるのです。そうすることによって、頭の中がスッキリ整理されますし、どう言うときに気分が変わりやすいのかも分かります。これに取り組む患者は多いです。

家事支援サービスを

主婦がうつ病になった場合、家事ができなくなることがほとんどです。無理にやろうとする人も多いですが、体が動かず罪悪感を感じることになり、余計に辛くなるでしょう。夫が昔から家事に協力的だった場合は、そこまで深刻な問題にはならないと思います。奥さんの調子が良くない間、夫が家事をしてくれるからです。 しかし、家事を手伝わない夫の場合、奥さんの調子が良くなくても、家事をすることはほぼありません。そうなると、家の中はどんどん散らかってしまうでしょう。治療にも専念できません。 その場合は、思い切って家事支援サービスを利用しましょう。電話で問い合わせるか、業者のホームページからメールで問い合わせることもできます。